mobile app

概要

  • PyCon JP 20XX用にiOS/Androidアプリを作成しています。

目的

  • スタッフが作りたかったから作った
  • 当日の参加者にとって、最新スケジュールが手元で直ぐに確認出来る物があると便利

スケジュール

実際は下記より1.5ヶ月程度前倒しで動きたい

  • 3-6ヶ月前 アプリ作成開始、大まかなデザイン、機能の認識合わせ、がりがりコードを書く
  • 2-3ヶ月前 各プラットフォームストアのアカウント作成
  • 2-3ヶ月前 アプリアイコン、会場地図、背景などデザインチームにデザインを依頼する項目をまとめる
  • 1-2ヶ月前 デザインチームとデザイン決める、デザイン埋め込む
  • 1ヶ月前 各app storeへ公開版の申請
  • 一週間前-当日 アプリが有ることをconnpass/twitter/Facebook等で告知

チェックリスト

  • (常に) Webチームとの連携
  • (常に) iOS-Android間の連携
  • (常に) デザインの確認。最後に大きく変えるとしんどいかも。
  • (開始時) ざっくりとしたデザインの意識合わせ。
  • (開始時) ざっくりとした機能の意識合わせ。iOS-Android間、アプリ-WebAPI間。
  • (開始時) アイコン準備。後でもいいけど最初に作るとテンション上がります。
  • (ストア申請時) アカウント作成。Androidは初回のみお金かかる。iOSは毎年お金かかる。
    • AppStoreは8月頃更新
  • (ストア申請時) 必要な素材の準備。スクリーンショットや説明文 (英/日)
  • (公開時) 告知準備 (connpass/twitter/Facebook/ブログ/Webサイトでの告知、QRコードの準備)
  • (アップデート時)告知準備 (英/日)

気をつける点

  • 公開時のアカウントにPyCon JPを使いたい場合は企業としての登録が必要な場合がある、そのような場合は一社に相談
  • 開発者アカウントの作成は早めに行う。電話番号など準備するもの多いのでしっかりと事前に調べる
    • 上記2点はすでに済みのはずだが、確認しておく
  • アプリの申請も早めに行う(バイナリアップロードから数日かかる)
  • 海外から参加される方も多いので、デフォルト言語は英語にする
  • iOS、Androidはそもそも違うものなので統一する必要はない

各タスクの詳細

iOSアプリ

詳細はリポジトリ参照: https://github.com/pyconjp/pyconjp-ios ビルドについては @yutailang0119 の個人ブログエントリーですが、 ここ を参照

機能

PyCon JP 2016
  • Eventタブ (PyCon JP xxxx全体のスケジュール)

    • 日付毎にgrepして、各項目を表示
    • (基本的に) Webに合わせる
  • Conferenceタブ (ConferenceDaysのトーク一覧 -> 詳細へ)

    • 日付ごとに分け、開始時間毎にgrep

      • 全体のタイムスケジュールを俯瞰できるようにしたい
      • Keynoteや他のイベントのデータもここに入れたい -> Web側での取扱にも関わってくる
    • Realmを使ったfavorite機能

  • Moreタブ (その他もろもろ)

    • 出来る限りWebにある要素は入れたい
    • 地図が奥すぎるという意見があったので、検討
    • Feedbackと問い合わせフォーム作りたい

Androidアプリ

詳細はリポジトリ参照: https://github.com/pyconjp/pyconjp-android