招待講演

概要

  • PyCon 2016で初めて行った招待講演について記載

目的

  • PyCon JP参加者と接点が少ない分野の方々を招待し、参加者と講演者とが交流できる場所を提供する
  • 参加者は、講演を聴くこと新しい知見を得ることができる。
  • 講演者は、招待講演をすることで、PyCon JPのコミュニティに参加するきっかけとなる。

スケジュール

  • 6ヶ月前 招待講演テーマ決め
  • 2016は「研究者」
  • 6ヶ月前 候補者リスト作成
  • 5ヶ月前 プログラムチームに内で検討
  • 4ヶ月前 講演打診・および決定
  • 1ヶ月前 通常スピーカーと同様お案内
  • 1ヶ月前 受付方法確認
  • 1週間後 お礼メールの送信

チェックリスト

  • (6ヶ月前)講演を受けてもらえるか確認する
  • (6カ月前) 講演可能日を確認
  • (受けてもらえたらすぐに) 交通費および宿泊費の費用支払について伝える
  • 2016年の講演者は都内勤務だったので、特に不要だった
  • (3カ月前) PyCon JP パーティー招待を伝える
  • (3カ月前) Well Done パーティー招待を伝える

気をつける点

  • 講演者を呼ぶときのテーマやなぜ呼ぶ理由をしっかり決める
  • 講演者がスタッフと知人なので特に問題が発生しなかったが、面識がない場合は連絡をしっかりとること
  • Code of Conduct に反するような話にならないように気をつけてもらう

各タスクの詳細

  • 6ヶ月前 招待講演テーマ決め
  • どういった人を呼びたいかをプログラムチームで議論する
  • 6ヶ月前 候補者リスト作成
  • 誰を呼びたいかをプログラムチーム主導で決める
  • 5ヶ月前 プログラムチームに内で検討
  • 4ヶ月前 講演打診・および決定
  • 1ヶ月前 通常スピーカーと同様お案内
  • 1ヶ月前 受付方法確認
  • 事務局と連携し、受付方法を確認する(connpassでの登録がないため)
  • 1週間後 お礼メールの送信