コンテンツページ

コンテンツページとは?

コンテンツページはサイトの上の静的ページのことです。「規約(code of conduct)」とか、「スポンサー募集」とか、「会場案内」とか、「参加する方法」とかはコンテンツページで作られます。

コンテンツページを作成する

管理画面にログインする必要があります。管理画面のアカウント作成方法・ログインの仕方は「 Webサイトへのスタッフ登録 」を参考にしてください。 管理画面にログイン後、「Restcms」セクションの「Pages」の「追加」リンクをクリックする。

「追加」リンク

以下のようなページが表示されると思います。

ページ追加フォーム
option 説明
content ReST でかかれているコンテンツページの内容です。
language コンテンツの言語です。日本語か英語です。この言語によって、ブラウザがどのコンテンツが表示されるかが判定されます。ブラウザが日本語に設定されている場合は、英語版しかないコンテンツが表示されない(404)のでご注意ください。
path コンテンツをアクセスするパス。このパスは http://pycon.jp/{年度}/{path} という形のURLになります。
publish date 公開日時
status 公開ステータスです。「下書き」のコンテンツは外からアクセスできません。

コンテンツページに画像を追加する

画像を追加するには、管理画面にログインし 「Rest CMS > file」 から画像をアップロードしてください。 アップロードするとURLが表示されます。ページの画像を挿入したい位置で

.. image:: /2016/ja/files/5/jessica_profile.jpeg

のように記述すると画像を表示させることが出来ます。

メニューとは?

メニューはサイト上の上のナビゲーションメニューのことです。サイト内のページや、外部ページへのリンクが入っています。

コンテンツメニュー

メニューに追加

コンテンツページは作っても、サイトのメニューに追加されないので、追加する必要があります。まず、管理画面の「SiteTrees」のところをアクセスしましょう。

コンテンツメニュー

メニュー機能自体は多言語対応していないため、英語用のメニューと、日本語用のメニューがそれぞれ登録されています。 Site Treesの管理画面へアクセスすると、以下のサイトツリーが出てくると思います。 main-en は英語用、main-ja は日本語用

サイトツリーの言語選択画面

追加したいメニューをクリックします。以下の画面が出てきます。

メニューの構造

メニューはツリー構造になって、そのツリー構造が画面に表示されます。追加するには右側にある「Add Site Tree Item」をクリックします。

メニューの構造

追加フォームが出てきます。

メニューの追加

以下のコンテンツを入力:

項目 説明
Parent メニューアイテムの親。ルートメニューに追加したい場合はこれは空になります。
URL

リンク先のURLになります。

  1. 外部リンクの場合はこれは絶対URLになります。
  2. サイト内のコンテンツページの場合
    • cms_page “<path>” を入力
    • 「Additional Settings」に「URL as pattern」にチェックを入れる
  3. サイト内のコンテンツページ以外のページの場合は、相対パスを書きます。(/ から始まるパスだと、/2014/ が必要なので、ご注意ください)
題目 メニューに出てくるテキスト (例: 「スタッフ募集について」)

「URL as pattern」は下記画像の位置にあります。

Additional Settingsの追加フォーム

注意点

  • それぞれのSite Treeは連動していないので、英語用メニューにリンクを追加しても、日本語用メニューに追加されないので、ご注意ください。
  • メニュー追加の場合は、特に管理画面にバリデーションがないので、メニューの動作確認をしてください。
  • 「保存してもう一つ追加」ボタンは絶対に使わないでください。使うと、Site Tree一覧や、pycon.jp が自体が表示されなくなるバグがあります(参考: UMA-993)。